RSSリーダー

に追加

  • Natiur

カリキュラム終了。

昨日は古式ロミロミスクール6ヶ月目。最後となる学びの時間を過ごしてきました。


手技は勿論大切。

そこはペレのエネルギーを扱う者としての大前提です。


ペレのエネルギーは畏れをもって扱うべきもの。

それを扱う者の人間性こそが試されるもの。

使い方を間違えれば己の身を滅ぼすもの。


自分がフナになれるか。

カフナになれるか。


それは手技の正確さ美しさではない。

ペレのエネルギーという特殊なモノを扱えるようになったからではない。


施術させていただく方の心や傷に如何に寄り添えるか?


「自分がなんとかしてあげよう」などど傲ることなく如何に委ねられているか?


信頼してお身体を預けていただくに値するだけの生き方を自分が出来ているか?


そういう事こそが大事なんだと学びました。

とても貴重な、実りの多い半年間を過ごさせていただいたと思っています!


ヒーリングに対する知識や姿勢もだいぶ変わったのではないかな。

ペレ+ヒーリングだからこその古式ロミロミなんだなっていうことが今ならよくわかります!


生涯学びは続きます。

スクールで学んだことからブレずに、良い変化は受け入れ、少しずつ成長していけたらいいなと思っております♪