RSSリーダー

に追加

  • Natiur

根底にあるもの。

なんか急に自分のことを書きたくなりました♪




私は高校1年の冬にうつ病を発症しました。

忘れもしない阪神淡路大震災の日。微熱が出てだんだんと高校に通うことが難しくなり、

地下鉄サリン事件が起こったその日から不登校になりました。


高校2年になったら色々あって更に学校に通うことが困難になっていきました。

自傷癖はありませんでしたが今までに数度本気で死にかけていますw


それを救ってくれたのは病院のカウンセラーの先生と「保健室で自習すれば?」と提案してくれた担任の先生と保健室の先生と、保健室までわざわざ通ってくれたり授業のノートを全部FAXしてくれたりした友人たちの存在。

それと、引きこもりのときに家のパソコンに偶然ソフトウェアが入っていたことで加入したパソコン通信で知り合った友人たちの存在も大きかったです。

授業受けてなくても成績は良かったですがw出席日数が足りず中退しました。


当時の私はエレクトーンをやっていて、業界トップの先生に直接教えて頂いたり会社のお手伝いをさせてもらったりしていました。

大検の資格を取って先生のコネ(?)もあり音楽系の専門学校に入学しました。

ここも結局体調の一進一退で中退しています。

ちなみに旦那と知り合ったのが学校だったりします☆

実を言えばこれまた色々あって付き合う前から一緒に暮らしていたりするんだな~。

おかげで夫婦であり同志であり友達であり空気みたいな関係でいられてるんですよね~。


その後、友達の親御さんがやっていたケータイ屋さんでバイトするようになったけど

ここも最後には体調不良で突然辞めたりして。

結婚したのはこの時期か。


ひょんなことから自家製酵母パンの教室に行ったらハマってしまい、教えていただいたお店でバイトさせてもらったことで小さい設備でも量を多く焼くスキルを自然と覚えさせてもらったりしました。


色んな人に救ってもらったり迷惑かけたりしながら生きてきたんですよね~。

それでも付き合いを続けてくれた友人たちの存在はホントにデカい。


かなりの変人人生だと思いますw

ドロップアウトしてることに慣れきっているというかw

一般的なフツーの生活って何ですか?っていう人生を送ってきておりますw


そんなベースが出来上がって寛解と言えるような状態になったころ、うつ病で自傷癖もあり首吊るところだった友人(旦那の高校時代の彼女w)を強制的